2019年12月10日

新しいブログ「enjoyall」を作成した

今読み返してみても、なかなか面白いと自画自賛したくなるこのブログですが、長らく休止した結果、別の趣味ブログを作成しました。
enjoyall
です。よろしくおねがいします。

主に、ロードバイク、キャンプ、釣り、といった趣味と散財のブログとなっていて、「いんたーねっつ」のこのブログとはだいぶ方向性が違います。

まぁ、もう何年も経ちましたからね。

ではでは
【関連する記事】
posted by 見守り人 at 19:20| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

ネットをうろつく人の諦め度が早くなってる

俺だけかもしれないが。
どうも、リンクをたどって目的の情報にいくまでのクリック数が1回〜2回程度しか受け入れられなくなっている。

はてなブックマークで、「綺麗な写真を取る方法」みたいなのが上位に上がってたので、見に行った。

見てみると、綺麗な写真を撮る方法を書いたサイトのリンク集だった。

その時点で、ブラウザ閉じた。

俺だけだろうか?

欲しい情報が手に入ると思って見に行って、そこがリンク集だったときのがっかり感。

絶えられないんだけど。。。


俺のサイトのトラヒックの傾向を見ても、「全記事読んでます」的な人は少ない。 つまみ食いして、必要なところが見つかれば良いみたい。

「全記事読んでます」という人が来た日は、たいていそのサイトで物が売れてる。


掟: 読みたい仕掛けとクリック数で売り上げ上がる?
掟: 欲しい情報は出し惜しみしない
posted by 見守り人 at 11:47| Comment(2) | TrackBack(0) | インターネット全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

広告の重みがない(クリックされない)のは広告主(広告費)中心主義の弊害

まあ、言うは易しですが。

お金を払えば、いいキーワードで広告載せます。

とか

あんまりいい商品だと思わないけど、広告費でてるから、記事書かなくっちゃ

とか、

消費者無視もいいところ。

金払いの良い企業が必ず質のいい商品を作ってるの?

インターネットもそうやけど、フリーペーパーとか、みててがっかりする。

最近、うちの近所の店がテレビで紹介されたらしく、行列ができてた。

テレビコマーシャルで行列できる?
インターネット広告で行列できる?

どんなにお金払っても、その広告に「どうせお金大量にはらったんでしょ」というのが見え隠れすると駄目なんだと思う。

で、最近はとうとう

「ブログで記事書きませんか?書いたら報酬」

とかになってる。

ブログで書評書きまくって儲けている人もいるけど、有名になればなるほど「献本」され、面白くなくても書かなくちゃいけないんだろうなぁ〜と思う。

結局、自分の首を絞めちゃわない?

抜本的な解決策は無いけれど、自分のサイトにトラヒックが大量に集まるようになったら、広告主の選別に気を使いたい。

Googleを超える、アイデアの創出と実践
  • 掟:広告は広告費ではなく商品の品質で選ぶ(トラヒックが増えてからの話だけどね。。。)

  • 掟: 地域密着などインターネットの不得意なところをカバーすることを考える

  • 掟:xxxが欲しいだけなのになんでyyyが付いてくるのかというところを狙う

  • 掟:その情報を欲しがっている人は「インターネット」を利用するか?と自問する

  • 掟:生成と選択の両方をコンシューマにゆだねてみる

  • 掟:儲けたいなら、儲かっているところから

  • 掟:ロングテールを狙うなら、網羅的にやれ

  • 掟:能動的検索と受動的ユーザへの情報配信を考える

  • 掟:ユーザの取捨選択を反映する

  • 掟:逆引きを意識する

  • 掟:情報の絞りこみと拡散を提供する

  • 掟:各ユーザの嗜好を反映する(パーソナライズ)

  • 掟:情報のタイプ分類(時事、リファレンス、検索、ショップ等)を考慮したサービス

  • 掟:「一次情報加工」もしくは「場の提供」

  • 掟:「中抜き(上前はね)」を狙う

  • 掟:「情報の深さ重視」のサービス構築・サイト構築

  • 掟: 一次情報提供者への敬意とインセンティブを考える

  • 掟: 独自情報による「真似できない」サイトの構築

  • 掟: 真似できない「トラヒックの獲得」。。。それができれば苦労しない。。。

  • 掟: ユーザにとって有用であることを第一優先とする

  • 掟: ユーザが情報を提供したくなるベストな環境

posted by 見守り人 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットの不便なところと便利なところと慣習と

タイトルは結構適当
最近これはいいアイデアだと思ったトピックスからちょっと考えた。



まさしくこれが欲しかったという感じ。ニュースは、インターネットで手に入るが、地域密着の広告(チラシ)はインターネットからは手に入らない。

地域密着型の情報を無料(チラシの広告収入だけ)で、やるという発想がすばらしい。

これをインターネット型にする手もあったのだろうけど、(スーパーとかと提携して、広告をスキャンしてGooglemapに載せるとか。)あえて、宅配にしたところがさらに賢い。

スーパーの広告とかは「インターネットを利用しない人」の方が欲しがっている可能性が高いからね。



どちらか一方という発想のものは多いけど、生成・選択の両方をコンシューマにして、さらに広告主からの収入、生成者への報酬モチベーションと、win-winが形成されている。

しいて言えば、バナー作成コストって、一般企業にとってそんなに高価なの?という疑問がのこること。

奇しくも両方リクルートだった。

久々に書いたので、書き方忘れた。。。掟とか書いてたっけ。


Googleを超える、アイデアの創出と実践
  • 掟: 地域密着などインターネットの不得意なところをカバーすることを考える

  • 掟:xxxが欲しいだけなのになんでyyyが付いてくるのかというところを狙う

  • 掟:その情報を欲しがっている人は「インターネット」を利用するか?と自問する

  • 掟:生成と選択の両方をコンシューマにゆだねてみる

  • 掟:儲けたいなら、儲かっているところから

  • 掟:ロングテールを狙うなら、網羅的にやれ

  • 掟:能動的検索と受動的ユーザへの情報配信を考える

  • 掟:ユーザの取捨選択を反映する

  • 掟:逆引きを意識する

  • 掟:情報の絞りこみと拡散を提供する

  • 掟:各ユーザの嗜好を反映する(パーソナライズ)

  • 掟:情報のタイプ分類(時事、リファレンス、検索、ショップ等)を考慮したサービス

  • 掟:「一次情報加工」もしくは「場の提供」

  • 掟:「中抜き(上前はね)」を狙う

  • 掟:「情報の深さ重視」のサービス構築・サイト構築

  • 掟: 一次情報提供者への敬意とインセンティブを考える

  • 掟: 独自情報による「真似できない」サイトの構築

  • 掟: 真似できない「トラヒックの獲得」。。。それができれば苦労しない。。。

  • 掟: ユーザにとって有用であることを第一優先とする

  • 掟: ユーザが情報を提供したくなるベストな環境

posted by 見守り人 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

全文検索 vs カテゴリー

Amazonのウェブサービスを利用していると、

  • カテゴリーノードでの検索結果

  • キーワードでの検索結果


に違いのある場合がよくある。

例えば、

出版社オライリージャパン(548102)での新商品

キーワード:オライリージャパンでの新商品

(常時更新されているので同じになっている場合もあります↑↑↑)

この場合、キーワードで検索した場合の方により新しい商品が含まれています。

どうしてこうなるのか?

それは、

商品登録時にカテゴリー登録をさぼってる

からだと思われます。

世の中セマンティックだなんだと新しいインターネットのあり方が議論されていますが、「組織化・プロセス化」されたAmazonのような会社ですらこの有様です。


これを見て言える事は
  • セマンティックウェブの構想はまだ遠い未来であること

  • 一般人にとってはさらに遠い存在であること

  • 結局全文検索が柔軟性・速効性では有力であること


かなと。

ただ、今まで書いてきたように全文検索にもいろいろと無視できない問題がある(主に情報の有用性ランキングとマッチングにかかわるところ)ので、まだまだ模索は続いて行くのでしょう。

興味のある分野に関しては、情報の一次ソースに近いところのRSSをウォッチしているのが一番の近道だったりする。
posted by 見守り人 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。